性病・性感染症

〜気になる性病やエイズ 知っておきたい予防策と症状〜
以前は「性病」と呼ばれていましたが、1999年に感染症法ができ、「性感染症」と呼ばれるようになりました。「性感染症」になってから、「性感染症」として規定される病気の種類も増え、最近ではかゆみや痛みといった自覚症状が出にくい病気も増えて来ています。 性病(性感染症)は特別な人達だけがかかる病気でなく、性生活を持つ人なら誰が感染しても不思議ではありません。 性病(性感染症)感染のピーク年齢は、女性20代前半、男性20代後半です。いずれにしても、おかしいと思ったら早く病院へ行って治療することが大切です。主な性病(性感染症)として、カンジタ、クラミジア、淋病、梅毒、ヘルペス、エイズなどがあります。

クラミジア感染症
クラミジアは細菌に分類される小微生物で、動物や人間の細胞中でのみ、増殖が可能です。最もかかりやすい性病の一つで、色々な他の病気の原因にもなります。..:. 詳細
淋病・淋菌感染症
淋菌というバクテリアによる病気で、範囲は性器だけに限りません。性行為などの粘膜の接触で感染します。..:. 詳細
HIV/エイズ
エイズとは性病の中でも最も危険な病気です。HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染によって起こるHIV感染症の末期症状の事です。HIVは身体の免疫力を低下させ(免疫不全)、それによって様々な疾患が生じるのがエイズです(後天性免疫不全症候群)。HIV感染者は健康な人に比べ、簡単に病気に感染し易く、死亡し易いのです。..:. 詳細
性器ヘルペス
ヘルペスは口唇の水脹れウイルスによく似た、単純ヘルペスウイルスによって起こります。性器にできる場合と口唇にできる場合があります。..:. 詳細
尖圭コンジローマ
ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因でおこる病気です。このウイルスは性器のガンの要因の一つでもあります。潜伏期間はたいてい2,3ヶ月ですが、感染後から発病するまでの期間が、9ヶ月にまで及ぶこともあります。..:. 詳細
梅毒
梅毒は性病の中でも最も危険なバクテリアの一つです。感染すると、身体中の血液に廻る可能性があります。感染すると、身体中の血液に廻り、心臓や脳に合併症を引き起こす可能性があります。脊髄にも同様の可能性があります。..:. 詳細
カンジタ膣炎
カンジタというカビ菌が膣内に繁殖して起こります。カンジタ菌は腸内に寄生しているので、性行為からだけではなく、便から感染する場合もあります。..:. 詳細
トリコモナス膣炎
トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫という寄生虫が膣内に入ることによって起こります。セックスによって感染する場合が多いのですが、お風呂場や便器、公共施設の脱衣場、タオルや下着から感染する場合もあります。..:. 詳細
性病・性感染症に感染する原因
性病(性感染症)が感染する原因は、細菌、ウイルス、クラミジア、真菌(カビ)、原虫、寄生虫などの微生物です。これらの微生物が、感染している人の精液、膣分泌液、血液、患部組織などに含まれており、性行為を行うことによって相手の性器、肛門、口などの粘膜や皮膚と接触することにより感染します。殆どの性病(性感染症)は性行為の際の接触により感染します。病気によっては治らないものや、死に至る場合もあります。1回の性交渉で妊娠することがあるように、相手が性病に感染していれば、たった1回のセックスでも性病(性感染症)に感染する可能性は充分にあります。1回のセックスで感染する確率はクラミジアで50%、淋菌で30%程だと言われています。感染しない場合があるとは言え、誰でも性病(性感染症)に感染する可能性があるのです。性交相手の数が多いほど、性病(性感染症)に感染するリスクも高くなります。クラミジアなど感染してもほとんど症状が出ない性病(性感染症)もあり、知らない間に感染してしまい、知らない間に感染させてしまうことが非常に多いのです。性病(性感染症)は潜伏期間中でも相手に感染します。この潜伏期間中の感染が性病(性感染症)感染者増加の一つの大きな原因だと考えられます。
性病・性感染症の代表的な症状
女性の場合は、おりものの異常(においがきつくなる、量が増える、色が変わるなど)、陰部のかゆみ、痛みなどです。男性の場合は、排尿時に痛みを感じたり、尿道から膿(うみ)が出たり、性器や性器周辺の皮膚の異常などが性病(性感染症)の代表的な症状です。それ以外にもイボやブツブツ、しこりができるなど、様々な症状があります。最近ではかゆみや痛みといった自覚症状が出にくい性病も増えています。 クラミジアなど感染してもほとんど症状が出ない性病(性感染症)もあります(クラミジア感染症は特に女性は自覚症状が出にくく、一般に女性の80%、男性の50%に症状が出ないと言われています)。その為、知らない間に感染していたり、知らない間に感染させてしまうことも多いのです。そういった自覚症状の無い感染者が、実際治療をしている人の約5倍位いると言われています。
性病・性感染症の対処法、検査方法
1.病院に行く
明らかに症状が出ている人、感染しているか不安な人はなるべく早く病院へ行き、診察や治療を受けましょう。病院へ行くのをためらう人も多いようですが、早く病院に行って早く治療をすればそれだけ治りも早いのです。明らかに症状が出ている場合はすぐに病院へ行きましょう!
 
2.郵送検診…◆性病検査 STDチェッカー
病院に行く時間がない人や、病院に行くのはどうしても抵抗がある人、感染しているか不安な人、小まめに検査を受けたい人には、検査を自宅にて郵送方式で受けることが出来る郵送検診◆性病検査 STDチェッカー◆がおすすめです。性病検査 STDチェッカーの検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で行います。(医療機関が検査を依頼している検査機関)自宅でしかも匿名(名前なし)で検査が受けられます。 早く不安を解消したい人におすすめ! 今すぐチェック! 性病かも?と思ったら 性病検査 STDチェッカー!
【今すぐチェック!】 性病かも?と思ったら ◆性病検査 STDチェッカー◆
検査項目は豊富、あなたの不安に合わせてお選び頂けます。◆クラミジア◆淋菌◆HIV(エイズウイルス)◆梅毒◆トリコモナス◆カンジタ◆ヒトパピローマウイルス◆◆B型肝炎◆C型肝炎◆成人T細胞白血病◆クラミジア(のど)◆淋菌(のど)◆性病検査 STDチェッカーの検査は国の認可を受けた登録衛生検査所で行います。(医療機関が検査を依頼している検査機関)自宅でしかも匿名(名前なし)で検査が受けられます。 早く不安を解消したい人におすすめ!◆性病検査 STDチェッカー
性病・性感染症の予防方法
コンドームで予防できない性病(性感染症)もあるので100%確実な方法であるとは言えませんが、ほとんどの性病(性感染症)はコンドームの着用により予防できます。正しくコンドームを装着し、安全なセックスを心がけましょう。性病(性感染症)感染予防の為には、通常セックス(膣性交)の時だけに限らず、オーラルセックス(口腔性交)やアナルセックス(肛門性交)の場合でも必ずコンドームを正しく使用しましょう。(正しい方法で使用しないと感染する可能性があります。)ピル(経口避妊薬)は避妊薬なので妊娠を防ぐことは出来ますが、性病(性感染症)の感染予防の役には立ちません。性病(性感染症)感染予防のためにはコンドームと併用する必要があります。最近では女性用コンドーム、オーラルセックス用コンドームも販売されています。コンドームや妊娠検査薬、精力剤なども、ネットショップで買えば誰にも知られずに購入出来るので、お店でコンドームを購入するのは抵抗がある人でも安心してコンドームを買うことが出来ます。性病(性感染症)に感染したくなければ、必ずコンドームを使用し、安全なセックスを心がけましょう。コンドームのネット通販コーナーへはこちらから コンドーム通販
性病・性感染症の早期治療の重要性
ほとんどの性病(性感染症)は治療すれば治りますが、早期発見と早期治療が大切です。しかし最近の多くの性病(性感染症)は症状が出るのが遅いケースも多くありますので、不安がある場合は郵送検診などで小まめに検査を受けましょう。感染しているか不安なのにそのまま放っておくことが一番良くないことです。
 
性病(性感染症)は放置しておいても、自然に治るということはほとんどまずありません。クラミジアや淋病はそのままにしておくと不妊症になる危険性もあります。病院に行くのは恥ずかしいから、症状が軽いからと言って病院に行かずに、病気を進行させてしまうことは絶対に避けましょう。病院へ行くのを恥ずかしいからとためらう人も多いですが、早く治療すればそれだけ治るのも早いので、おかしいと思ったらすぐに病院へ行って治療することが大切です。
 
以下のような場合は、病院で医師の診断を受けることをお勧めします。
* いわゆる性病(性感染症)に見られる症状が明らかに出ている場合
* 予防せずに性行為を行ったので、検査を受けて性病(性感染症)に感染していないか確認したい場合
* 安全なセックス、性病(性感染症)、性病(性感染症)の予防方法について詳しく知りたい場合
 
郵送検診…病院で検査を受けることがどうしても難しい人や、こまめに検査を受けたい人には検査を自宅にて郵送方式で受けることが出来る便利な性病検査キットもあります。上の性病(性感染症)の対処法、2.自宅で検査を受けるを参照。
 
性病(性感染症)に感染していても症状が出にくかったり、症状が全く出ないこともありますが、病気は体内で確実に進行しています。性病(性感染症)を治療しないで放置していると…
 
不妊症の原因に…男女とも不妊症の原因になる可能性があります。もし妊婦が感染した場合、流産や早産の原因にもなりかねません。
 
子供に感染する…母親から子供に感染する可能性があります(母子感染)。子供の失明や肺炎の原因となったり、子供が死に至ることもあります。性病(性感染症)にかかっているとHIV(エイズウイルス)に感染する危険性が通常の場合より3〜5倍高くなると言われています。
 
ほとんどの性病(性感染症)はきちんと治療すれば完治が可能です。性病(性感染症)に感染していることが判ったら、病院に行って正しい治療を行いましょう。その際、パートナーも一緒に受診することが大切です。性病(性感染症)に感染した場合、パートナーに感染している可能性が非常に高いのでパートナーも診察、治療を受ける必要があります。自分だけ治療をして一時的に治ったとしても、パートナーが感染したままだとピンポン感染していつまでたっても完治しません。

性病・性感染症 TOP へ

カンジタ膣炎 カンジタ膣炎はカンジタ菌というカビ菌が膣内に繁殖して起こります。
クラミジア感染症 最もかかりやすい性病の一つで、色々な他の病気の原因にもなります。
トリコモナス膣炎 公共施設の脱衣場、タオルや下着から感染する場合もあります。
尖圭コンジローマ ヒトパピローマウイルス(HPV)は性器のガンの要因の一つでもあります。
HIV/エイズ エイズは性病の中でも最も危険な病気です。
性器ヘルペス・口唇ヘルペス 性器にできる場合と口唇にできる場合があります。
淋病・淋菌感染症 淋菌というバクテリアによる病気で、範囲は性器だけに限りません。
梅毒 感染すると、心臓や脳に合併症を引き起こす可能性があります。

※ 当サイトの記載内容はあくまでも一般的な情報提供であり、医学法や医師法、医薬法等に基づいた確かな情報であるという保証はありません。病気の検査、治療については必ず医師の診察を受け、指示に従って下さい。当サイトを利用してのいかなるトラブル、損害、損失も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

⇒セクシャルヘルスケア商品の詳細・購入はこちら

欲しい物を入力し買う。
Store-mix.com

壁紙ダウンロード